社会へ出る前に経験すること

若いうちから働く経験をするということは、とても良いことだと思います。学校という狭い社会から大きな社会で活躍するには、アルバイトなどで多少は働くという経験をしておくと役に立つことがあるからです。
職場と学校との違いは、たくさんあります。学校で学ぶには学費を「支払う」行為が必要です。しかし、働けばアルバイト料などを「支払われる」立場になります。お金を払う側と支払われる側と、立場が逆転してしまうのです。これは、とても大きな違いだといえます。この違いを実際に体験すると、社会で働くようになったときに自分のすべきことや目標などを見つけやすくなるのです。
漠然と仕事をしていると、思いがけない障害に出会ったとき、対応することなく離脱してしまうことが多くなります。「働くことは大変なことなのだ」という意識がありながら働くのと意識なく働くとのでは、大きく差ができてしまうのです。このような体験を社会に出る年齢になってから学ぶようでは周囲の厳しい目もあるので、学生の間にアルバイトをして知っておくと良いでしょう。
アルバイトの求人情報サイトを見ても、学生や初心者向けの求人は多数あります。同じくらいの年齢や立場の人が多く働くような職場が、初心者には向いているのかもしれません。また、繁忙期だけアルバイトを雇用するような企業や商店のアルバイトなどは、初心者への指導も慣れているところが多いです。そのため、意外と働きやすいという話もよく聞きます。
学生の場合は、アルバイトとして働くことができる時間・職種・場所が限られてくることもあります。事前にしっかりと規約などを確認してからアルバイトを探しましょう。短時間でも可能なものは多いので、情報を多く集めて自分の理想に近いアルバイトを探すことが大切です。

Leave a Reply